医療の進化とインプラント治療の実際

医療の進化とインプラント治療の実際

インプラントの有効性と医療費

少し前から、歯科でインプラントという治療法があるのを聞くようになりました。
虫歯が進んでしまうと、自分の歯の根を使い差し歯をします。
が、根が無くなってしまったりしたときは差し歯はできません。そこで、あごの骨に金属を植え込みそれを元に歯を作る技術が広がってきました。
それがインプラントです。

入れ歯とは違って直接あごの骨に根になる金属を植え込むので自分の歯と変わらないように噛めるそうです。

全ての歯科医がインプラントができるわけではありません。医療的な知識も必要で、口腔外科の分野の知識が必要なようです。

インプラントには時間がかかります。
事前にあごの骨が植え込みに耐えられるか検査し、そのうえでの根を植え込み歯を入れます。
金額的にも保険がきかないので、費用がかかります。
一本単位ですので数本治療すると馬鹿にならない医療費がかかるようです。

が、自分の歯で噛める喜びには買えがたいものがあるのではないかと思います。
入れ歯が合わない事は食べることを憂鬱にします。
好きなものをだべられる喜びは、そのまま体と心の健康も維持することにつながるのです。

良いことばかりのように思われるインプラントですが、寝たきりになったりして口腔内の健康を維持することが難しくなるとその部分にばい菌が入ったりして問題が起こることがあります。
ですから、少しでも長く快適にインプラントを維持するためには定期的なメンテナンスが必要になります。
適切なケアによって食べる喜びを何時までも味わえるようにできると良いと思います。

注目の情報



Copyright(c) 2017 医療の進化とインプラント治療の実際 All Rights Reserved.