医療の進化とインプラント治療の実際

医療の進化とインプラント治療の実際

インプラントは歯の医療行為としては最後の砦

虫歯になったり、歯槽膿漏になったりして、歯がなくなってしまうことはよくあることです。

ケアが充分ら、そんなこともないのですが、できない時もあるんですよね。さし歯とか、入れ歯もあるんですが、それもできない状況になったりしたら、最終は、このインプラントに頼るしかないかなって思います。
歯の医療行為としては、最終のものになるでしょうね。これを使ったら、歯の骨が弱くなっていて、どうしても、差し歯とかが出来ない人も、自分の歯のようなものを手に入れることができます。
画期的ですね。
でも、まだ保険の適用になってないので、費用がすごくかかるところは難点です。

歯1本につき、数十万かかるのは、払えるかって言われたら、ちょっと悩んでしまいます。

もうちょっと値段が安かったら、検討もするとは思いますが、今の段階では、こういう治療法があるんだっていうくらいしか思えないです。

やっぱり、数十万は高いですね。それに、後のケアも必要になってくるので、この歯をいれたら、それでおしまいっていうのにはいかないんですね。なんで、歯のなくなる可能性の高い高齢になって、インプラントができるような、貯蓄があったらいいなと思います。
その時までに、保険の適用ができるようになってくれたらもっといいですね。すでに、自分の歯は1本ないので、これ以上なくさないようなケアが必要になってきます。
解ってはいるんですが、甘いものはなかなかやめられないなって思います。

注目の情報



Copyright(c) 2017 医療の進化とインプラント治療の実際 All Rights Reserved.